4時間目:右脳を鍛える方法part1

   

前回、右脳を使って描くことを学びました。

絵を逆さに描くことで右脳を使う感覚を体験できましたでしょうか

 

右脳物の形を見る力、空間認識、集中力などに関与しています。こう聞くと右脳がいかに絵を描くのに適しているか分かると思います。

では今回は右脳を鍛える方法を教えたいと思います。

右脳は集中力にも影響してきます。

 

ではおすすめのトレーニング方法を紹介します。

それは…

 

 

左脳だけでは補えない量の仕事をする

です

 

考えたり作業をすると脳が働きます

現代社会では左脳が活発に働くようになっており

右脳はほとんど休んでいる状態です。

そこで左脳だけでは対処できない仕事をすると

右脳の力を借りなければ対応できなくなり、結果として右脳を鍛えることができます。

 

正直言うと、これをやってもあまり絵の上達は感じることができません。

むしろ逆さま絵の模写も やっても絵はうまくなってないかもしれません。

しかし、これらの練習をして右脳を鍛えることで、これから学習する「絵」の上達速度が断然違います。

 

右脳トレーニングは変化をあまり感じることができませんが続ければ必ず成果はあります。

トレーニング方法は30秒ドローイングです

もしかすると違うサイトや教材でも同じことを書いてるかもしれませんし、1部のブログでは効果がないと書いているブログもありました。それは続けても絵が上達しかなったからだと思います。

もう一度言いますが、30秒ドローイングをやっても絵は上達しないかもしれません。

ただ、右脳のトレーニングになるというだけです

 


 

やり方

30秒ドローイングをやるにあたっておすすめのサイトがあります。

POSEMANIACS

ここは有名なサイトです

色々なポーズの人が次々出てきます。

 

30秒ドローイングは必ず30秒で描き切ってください。

足が描けなかった、間に合わない では意味がないので

全部描き切るようにしましょう。

 

ちなみに30秒ドローイングはピリカアートスクール様のビジネスデッサンでもおすすめしている方法です。

私も昔、受講していましたがデッサンを学びたい方にはおすすめです。ただ学ぶだけでしたら本を買ったりサイトを見ていただけたら学べますが、このピリカアートスクール様のいいところは添削していただけるところです。これは別の記事で詳しく説明いたします。

 

 

30秒は短いです。1日10セットやっても5分で終わります。

気軽にできる右脳トレーニングですので是非やってください。

 

絵を描くにあたって1番大切なのは 「楽しむ」事です。

絵は上達すればするほど楽しくなります。

私も絵がうまく描けたときは嬉しいですし上達すると達成感もあります。

 

 

Related Post

 - 1 絵を描くという事 , ,